スプーン
たっぷり ゆっくり 笑う 話す 食べる 歌う
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
祭りのあと。
 レミ日帰り遠征を終えた金曜日、
容赦無い仕事の山に迎えられた一日でしたが(苦笑)
さほど(笑)ムキーッ(○`ε´○)プンプン!!っとならず
フル回転でやり終えれたのは、
やぱりレミゼ祭りの直後だからですな。ヽ( ̄▽ ̄*)ノ

今回はこの1回だけの観劇で終了なんだけど
↓ この新バージョンのプロモを観て、つくづく上原アンジョでも観たかった!と思う〜。




気になってた新キャストの歌と映像もチラ見できて、
東宝さん、嬉しいっす〜♪
KENTAROジャベも知念ファンテもエミリコゼも良さそうやなぁ。
いっくんマリウスは男っぽくなった感じ?
野島くんマリウスは素朴っぱくていいかも。
恋ボケぼんぼんマリウス☆っぽい人はいなさそ〜なのね〜〜。
三波テナルディエもよさそ〜だし
あぁ、やっぱり上原アンジョ、わたし好みなアンジョかも〜。

今井バルも観たかったし
そんでもって、スペシャルの岡アンジョ・歌穂エポ・禅マリも観たかったなぁ。。。

あー、祭りのあとはさみしーな。
レミゼ(2011年) - -
レ・ミゼラブル@帝国劇場・4/21マチネ
レ・ミゼラブル
DATE:2011.4.21(木)13:00
place:帝国劇場 座席:1階 I列サブセン
cast:
山口祐一郎/石川禅/平田愛咲/和音桜音
稲田みづ紀/原田優一/駒田一/阿知波悟美/阿部よしつぐ
続きを読む >>
レミゼ(2011年) - -
レミゼ遠征
 3/11に起きた未曾有の大震災。

今回の遠征は直前まで迷いました。

遠征先での災害は土地勘の無い者にとってはリスクも大きいし
周りに迷惑をかけてしまう可能性も大きい
やめるべきか、行って大丈夫なのか。
結局、やめる選択は当日でも出来る、
それより、公式サイトでのカーテンコール映像や
ブログでの観劇感想を読んでいるうちに
やっぱ、観たい!!という気持ちが大きくなっていて
最低限の準備と心積もりをして
予定通り、レミゼ遠征をする事に決めました。

幸いにも、遠征中・観劇中 地震が起こる事は無く
無事にレミゼ遠征をする事が出来ましたが
しかしながら、まだまだ大震災の傷跡の只中に日本があることを
TVの向こう側ではなく、
今回の遠征で空港や駅、電車内の節電等から、実感しました。

自分が出来る小さな事でも
被災された多くの方々に思いを馳せ、
他人事ではなく、
共に乗り越えていく、という意識を
改めて 気付かされた遠征となりました。
続きを読む >>
レミゼ(2011年) - -
民衆の歌


東宝レミゼの公式ブログにupされていました、
レミゼカンパニーによる応援メッセージです。
♪ Peoples Song ♪
続きを読む >>
レミゼ(2011年) - -
BS hi プレミアムシアター・ミュージカル「レ・ミゼラブル 25周年記念コンサート in ロンドン」

 あぁ...眠い( ̄  ̄)Zzz。
昨夜、午前0時〜3時07分迄 BS hi の プレミアムシアターっちゅー番組で
2010年10月3日、ロンドンのO2アリーナで行われた
ミュージカル「レ・ミゼラブル 25周年記念コンサート in ロンドン」という
ロンドン初演から25周年を記念したコンサートの放送がありまして♪
それ観てたもんだから(^^;)寝不足でございます。


3月6日(日)【5日(土)深夜】 午前0時〜3時07分
プレミアムシアター
◇ミュージカル「レ・ミゼラブル 25周年記念コンサート in ロンドン」

【内容】 1985年10月にロンドンで初演されたミュージカル「レ・ミゼラブル」は、
日本を含む世界各国で、英語であるいは様々な言語に翻訳されて上演され、
全世界で合計45000を越える公演が行われた。
このミュージカルのロンドン初演から25周年を記念したコンサートが、
2010年10月3日、ロンドンのO2アリーナで行われた。
メイン・キャストの多くはブロードウェイやロンドンでも
「レ・ミゼラブル」に出演してきた豪華な顔ぶれ。
フル・オーケストラ、コーラスを含めると出演者は500人以上にのぼる。
公演はイギリスをはじめヨーロッパ各国の約200の映画館へ衛星生中継され、
一夜にして7万人がこのコンサートを楽しんだという。
日本でもおなじみの名作ミュージカル「レ・ミゼラブル」の音楽が、
フル・オーケストラの演奏と、本舞台と同じ衣装を身に着けた出演者によって、
より豪華なものとなった。
番組では、このコンサートの模様全編と、
25年前のオリジナル・キャストが登場する感動的なカーテンコールまでを、
当日生中継された映像そのままに放送します。

【制作】キャメロン・マッキントッシュ
【脚本】アラン・ブーブリル
【作曲】クロード・ミッシェル・シェーンベルク
【作詞】ハーバート・クレッツマー
【演出】ローレンス・コナージェームズ・パウエル
【出演】
(ジャン・バルジャン)アルフィー・ボー
(ジャベール)ノーム・ルイス
(ファンテーヌ)リア・サロンガ
(マリウス)ニック・ジョナス
(エポニーヌ)サマンサ・バークス
(コゼット)ケイティ・ホール
(アンジョルラス)ラミン・カリムルー
(テナルディエ)マット・ルーカス
(テナルディエ夫人)ジェニー・ギャロウェイ

収録:2010年10月3日
ロンドンThe O2


4バルジャンの歌声は圧巻やったなぁ。
そして、クォリティの高さ。
やっぱり何にしてもプロっていうのは、
魂を込めて常に最高のものを目指し、魅せるって事なんだなぁ...と。
そこに信頼が生まれ、本物を感じ、感動し、魅了され、愛され続けていく。
プロの仕事って、そこにあるんだと感じた深夜でございました。



レミゼ(2011年) - -
レミゼ@帝国劇場(5月チケット編)
 本日は、5月公演分のレミゼチケ東宝ナビザーブ先行発売日でございました。
すでに5月の希望日を先行抽選で見事に全滅して(笑)いる有り様なんですけど
本当のところ5月遠征は迷ってて
よっぽどの良席が当たらない限り(←これを自分への言い訳にして)
5月遠征は我慢しよぉ〜って、内心決めてたので
実はちょっとホっとしてたりもするのです。

・・・とは言いながらも往生際悪く、ちょっくし先行発売に参戦してましたけど〜(^^;

そしたら、なんと!
結構早い段階で繋がって平日の候補日で3列目センターブロックにヒット!
(^▽^)/やっぱ遠征するだー!!!とテンション上がって申し込み手続きしようとしたら
無常にも接続エラーが出て(゚ロ゚;屮)屮全て消えてしまいました。。。
さよ〜〜なら〜〜。

ええ。
いいんです。
そーいうもんです。
5月遠征は我慢しなはれ、っちゅーこってす。

レミゼは一公演入魂にて☆満喫してきます!!

・・・といいながら、上野理生さんのアンジョが気になるんだよねぇ。
(きっし〜アンジョを彷彿とさせる、ガッツ系なので、かなり好みな予感。)
手持ちの1公演は阿部よしつぐさんアンジョなのです。
うつくし系アンジョよりガッツ系アンジョがタイプな私としては
上野理生さんアンジョが観れないのは、心残りなのじゃ。。。
レミゼ(2011年) - -
レミゼ@帝国劇場(4月チケット編)
 4月公演分のレミゼチケ東宝ナビザーブ先行発売日でございました。
いちを、4月1公演は確保済みなんですけど〜。
あわよくば、前で〜〜〜前で〜〜〜観たいっ!っちゅーのがレミゼ欲。
ってことで、本日の先行に参戦してみました!

・・・が

人生そないに甘くないっちゅーこってす。笑

ま、念のため一般発売日もチェックしてみよ〜とは思ってますが。
(諦めの悪いヤツ;)


改めてレミゼの公式サイトを観てみたら
なーんと、子役のキャスケが載ってる〜〜〜!
ガブちゃんのお披露目会見まで!!
加藤清史郎くん効果っすね。
ほぉ〜〜〜。
歌披露の動画をみたら
小宮明日翔くんの負けん気の強そうな目が気になった!
およっ!いちを観劇予定日のガブちゃん小宮くんだ。

あ〜、やっぱレミゼ楽しみだぁ。
レミゼ(2011年) - -
子供店長
 噂には聞いてたけど、2011年度版レミゼのガブローシュ役で
加藤清史郎くんが出演するってのはホントらしい。
ほぉ〜〜〜。
最近TVで見る清史郎くん、
コドモちゃんな顔つきから成長してきたな〜と思ってたところ。

ぶらぼ〜〜(^▽^)/ガブローシュ最高だぞ!!

って言える清史郎ガブを期待しつつ!!

・・・ってキャスティングの日程によって観れるかわかんないけど〜(^▽^;
レミゼ(2011年) - -
2011年レミゼ@帝劇・キャストスケジュール
 うぅ〜〜〜っ、
2011年度版レミゼは1985年・ロンドンオリジナル版の演出での最後の公演。
当然、観に行かねば〜〜〜<(。≧Д≦。)>
...と、思っているんですが、如何せん来年の4・5・6月の話。
予定なんてわかりゃしませんがな〜。
しかーし、チケ先行が始まりはじめてまして、
どうしたものか、ウギャ〜〜〜ッ、困った困った!と
毎度お馴染、レミゼ観劇日決めの迷走に入っておりまする〜。

とりあえずは4月。
まずは行くか行かないか。
キャストチェックだ〜〜〜。
あ〜〜、バルジャンな祐さん、好きだしな〜。
ジャベは今さんで観たいな〜。
 「ウーマン・イン・ホワイト」で気になった和音さんのファンテも観たいな〜。
んで、いけそーな日。

・・・

( ̄‥ ̄)スンゴイ選択肢少ないねんけど。

・・・

あっちを取ればこっちが取れず、
いつもながら、キャストスケジュールには悩まされますなぁ。
なんせ遠征ともなると、一球入魂!観劇な訳ですから
観劇日の選択は真剣勝負なのでございます。

さぁ!どーする!!!?
レミゼ(2011年) - -
| 1/1 |